いぼは早めに手術で取り除こう!【種類によって適した手術がある】

治療方法は様々

女性

いぼの主な治療方法

いぼの治療には、主に切除手術・液体窒素による治療・レーザー治療・内服薬による治療という方法があります。それぞれの違いですが、どのような治療方法なのか、どのいぼの種類に適しているかという点が変わってきます。まず切除手術ですが、これは根が深い、または大きないぼを取り除きたい方に適しています。また、レーザー治療などほかの治療法で対応できないいぼも、切除手術が向いています。メスを使用するため痛みが心配という方も多いですが、切除手術は事前に麻酔も行われるので、痛みを感じることはほぼありません。また、根こそぎ取り除くことが可能なので、治療箇所にウイルスが残る心配もありません。次に液体窒素による治療ですが、綿棒を液体窒素に浸し、いぼに押し当てるという治療法です。低温やけどによって壊死させ、新しく皮膚を再生させます。この治療法の場合は、何度か治療を受ける必要があります。回数を重ねるごとに内側のいぼが押し上げられて表面に出てくるので、根から取り除くことが可能です。
レーザー治療の場合は、範囲が広がってしまったいぼや、小さいいぼの治療にも適しています。いぼにピンポイントで照射できるため、周囲の皮膚を傷つけることもありません。レーザー治療の場合は、照射回数やいぼの大きさによって施術費用も変わってくるので注意しましょう。そして内服薬による治療ですが、この治療法は子どもに向いています。メスを使用した切除手術や液体窒素による治療が怖いという子どもも多いので、痛みがない内服薬の治療だと安心でしょう。ヨクイニンという内服薬が処方されますが、場合によってはほかの治療法と組み合わせることもあります。いぼの大きさや数、できた範囲によっても適した治療法は違うので、自分に合った治療を受けてしっかりと治しましょう。

治療に時間がかかることも

切除手術の場合、一度でいぼを取り除くことができますが、レーザー治療や液体窒素による治療は複数回治療を受けることが多いです。液体窒素の場合は痛みを強く感じるので、医師が様子を見ながら回数を調整します。レーザー治療の場合も、いぼの状態によっては一度ですべて取り除けないこともあります。どちらも医師の判断が必要なので、まずはいぼの状態を確認してもらいましょう。内服薬による治療も、即効性はありません。そのため、完治まで時間がかかることを認識しておいてください。早く治したいという気持ちもあると思いますが、しっかりと完治させるためにも焦らずに治療を受けましょう。

Copyright© 2019 いぼは早めに手術で取り除こう!【種類によって適した手術がある】 All Rights Reserved.